かわいい家のツクリカタ

家作りの知識

2020.12.14

Skogのいえ事業本部齋藤千央

齋藤千央

【平屋/2階建て】メリット・デメリットを徹底比較!

新築でおうちを建てるとき、2階建てにするか平屋にするか悩む方もいるのではないでしょうか。

2階建て、平屋建てそれぞれにはメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良い!とは言い切れません。

どちらが自分たちの生活スタイルに合っているのか比較して考えてみましょう!

 


目次

★平屋

メリット①:上り下りの負担や危険性がない

メリット②:家族とのコミュニケーションがとりやすい

メリット③:効率的な間取りが作れる

デメリット①:広い敷地が必要

デメリット②:プライバシーの確保が難しい

 

★2階建て

メリット①:土地が狭くても広さを確保しやすい

メリット②:プライバシーが確保しやすい

メリット③:二世帯住宅に向いている

デメリット①:上り下りの負担や危険性がある

デメリット②:生活動線が複雑になりやすい

 

★価格の違い


 

★平屋

【メリット①:階段の上り下りの負担や危険性がない】

DSC_5997.jpg

平屋と2階建ての1番の違いは階段と2階の部屋があるかどうかです

平屋には階段がないので、生活をする上で負担になる階段の上り下りがなく、

転落で怪我をしてしまうなどの危険性を防げます

小さなお子さんがいるご家庭では、階段での思わぬ事故や怪我などの危険を回避することができます。

また、将来的にお子さんが巣立って夫婦2人暮らしになった後も、老後まで安心して暮らせますよ。

 

【メリット②:家族とのコミュニケーションがとりやすい】

1618343_s.jpg

平屋はワンフロアにすべての空間がまとまっているため、家族同士のコミュニケーションがとりやすくなります

開放的な間取りにしやすいことから、必然的に顔を合わせる機会も増え、コミュニケーションの機会を増やすことができるでしょう。

いつでも家族の気配を感じることができるので、安心感も生まれます。

 

【メリット③:効率的な動線が作れる】

^^^.png

家を作るにあたって大事なのが動線です。

2階建ての場合、上下の移動により動線が複雑になりがちですが、

平屋は回遊動線や直線の動線といった、効率的な動線が作りやすい構造になっています。

 

【デメリット①:広い敷地が必要】

1037814_m.jpg

家族が快適に過ごせる広さの平屋にするためには、ある程度広い敷地が必要です。

ちょうど良い土地を探すのが大変だったり、土地代が高かったりすることも。

注文住宅を建てる工務店で土地の相談も乗ってもらえるので、平屋を検討している方は、まず工務店に相談してみましょう。

 

【デメリット②:プライバシーの確保が難しい】

6733_s.jpg

間取りが開放的なのはメリットにもなりますが、その分、プライバシーの確保が難しくなる場合もあります。

また、家族のプライベート空間も1階にあるため、道路や隣の家からの視線が気になる場合もあります。

間取りを考える際は、外部環境との関係性を意識して窓の大きさや場所を決めましょう。

 

★2階建て 

【メリット①:土地が狭くても広さを確保しやすい】

DSC_7262.jpg

2階建ての最大のメリットは、狭小地でも居住スペースを確保しやすいこと

狭い土地に平屋を建てようとすると、床面積をあまり確保できず、各居室が窮屈になってしまうことも。

一方で、2階建てはフロアを増やすことで、各居室の広さも確保しながら建てることができます。

特に土地が高いエリアは2階建てのほうがベターです。

 

【メリット②:プライバシーが確保しやすい】

_DSC4653.jpg

先ほど、平屋のデメリットとしてプライバシーの確保が難しいと説明しました。

それに比べて、2階建ては平屋よりも外部からの目線の位置が高いので、プライバシーを確保しやすいのが特徴です。

家族内でも、上下で階段を隔てて空間を分けることができるため、

家族全員やお客様が利用するリビング・水廻りは1階、プライベート空間の寝室は2階などにすることで、プライバシーを守ることができます。

 

【メリット③:二世帯住宅に向いている】

1638793_s.jpg

二世帯住宅で分離型にしたい場合は2階建てがオススメ

2階を子世帯、1階を親世帯にするなど生活空間を分けやすいので、プライバシーが確保できます。

平屋で二世帯住宅となると、2つの家庭が同じ空間で暮らすことになるので、

生活時間やスタイルが異なると、ちょっとずつストレスが溜まってしまう可能性も・・・。

 

【デメリット①:上り下りの負担や危険性がある】

yousuu.png

平屋は階段がない分、小さなお子様が怪我をするリスクが減りますが、2階建ては階段があるため気を付けなければいけません。

また、高齢者と一緒に住む場合は上り下りの負担も考える必要があります。

1階に高齢者の部屋を設置したり、子どもが1人で階段を上り下りしないようにゲートをつけるなど工夫をしましょう。

 

【デメリット②:生活動線が複雑になりやすい】

2階建ては1階と2階で分かれているため、動線が複雑になってしまう可能性があります

例えば、1階で洗濯して干すのは2階のベランダだったり、掃除をする際、掃除機を持って1階と2階を行き来しなくてはいけない・・・など。

1.png

写真のようにキッチン→UTの動線を一か所にまとめて作ることで、

行き来がスムーズになるので家事効率がアップします。

2階建てにする方は、普段の生活動線を意識して間取りを作ってみましょう。

 

★価格の違い

337612_m.jpg

一般的に、平屋のほうが価格が高くなると思われがちですが、そうとも限りません。

平屋のほうが土地面積は必要になるので、基礎や屋根、土地の費用は高くなりますが、

2階建ては、階段スペースや2階の分のトイレ、住んだ後にメンテナンスをするときの足場代などがかかってきます。

平屋と2階建てで全く同じ条件、同じ間取りになることはないので、一概には予算の比較はできないことに注意しましょう。

予算を組んで比較したいときは、信頼できる工務店さんに見積もりを頼んでみましょう!

 


いかがでしたか?

平屋にも2階建てにもそれぞれメリット・デメリットがあるので

それぞれの特徴を理解した上で、家族のライフスタイルに合ったおうちを作りましょう!

 

平屋と2階建て、ぞれぞれどんな間取りがあるのかは

おうちギャラリーに掲載しておりますので、ぜひ参考にしてください!

 

また、おうちに関するお悩み・相談はいつでも受け付けております!

お気軽にご連絡ください!

各種お問合せは下記フォーム、または電話(☎011-743-0611)で受け付けております。

toiawase.png

Skogのいえ事業本部齋藤千央

齋藤千央
Shear
ARCHIVE
AUTHOR