かわいい家のツクリカタ

家作りの知識

2021.01.18

Skogのいえ事業本部齋藤千央

齋藤千央

冬の効率的な換気の方法!

pp.jpg

感染症対策として注目を浴びている換気

窓を開けて換気を行うことで、部屋の中の汚れた空気と外の新鮮な空気を交換することができます。

しかし、冬の寒い時期は換気するのが億劫になってしまいがち。

換気の回数や時間が短くなり、十分な換気ができているか不安になることもあるかと思います。

そこで今回は、冬の寒い中でも効率的に換気する方法をご紹介!

すぐに実践できる方法なので、皆さん試してみてください!

 


目次

1.そもそもなぜ換気は必要なのか?

2.部屋を冷やさずに換気する方法は?

3.効率的な換気ができる窓の位置は?

4.重力換気を活用しよう!


 

1.そもそもなぜ換気は必要なのか?

606046_m.jpg

換気をすることで、外から新しい空気を入れて、部屋の中の汚れた空気やウイルスを出すことができます。

閉め切った部屋は、空気が外に出にくいのでウイルスが空気中に漂い続け、人間に対して悪影響を与えてしまいます。

皆さんが住んでいる住宅の多くは高性能な造りで隙間が少ないため気密性も高く、

部屋の空気が勝手に外に出ないようになっています。

そのため、定期的に窓を開けてしっかり換気をする必要があるのです。

 

2.部屋を冷やさずに換気する方法は?

4258888_m.jpg

「冬場の換気は、窓を開けることで部屋の温度が急激に下がってしまいそう・・・」

そんな不安から、十分に換気をできない方も多いはず。

そのため、部屋の温度が下がりにくい状態にしてから換気をすることがポイントになってきます。

 

【冬場の換気のポイント】
①まず部屋を暖める
②十分に暖まってから窓を開ける

この順番で行いましょう。

先に窓を開けてしまうと、さらに冷たくなり窓を閉めたあともなかなか暖まりづらくなってしまいます。

そのため、先に暖房をつけて床や壁を十分に暖めてから、暖房をつけたまま換気を行うようにしてください。

 

夏は部屋にこもった空気を外に出すために、先に窓を開けてそれから冷房をつけますが

冬時期の換気は、夏とは真逆の換気方法になります。

もし起床時間や帰宅時間が決まっているのであれば、タイマー機能を使うとより◎ 

 

3.効率的な換気ができる窓の位置は?

寒い中、せっかく窓を開けるのであれば、効率的に換気をしたいですよね。

そのためには、窓の配置に注目してください。

部屋の中の空気を効率的に入れ替えることができる窓の配置にはポイントが2つあります。

 

【窓の配置ポイント】
①1部屋あたり2つ以上の窓が必要
②対角線上になるように配置する

 

下に窓の配置について悪い例良い例を載せたので早速見ていきましょう!

 

【悪い例】

ダメな例②.jpg

2か所の窓があるのは◎
しかし、同じ面にあると入ってきた空気がすぐに外に出てしまうので十分に換気ができません。

 

ダメな例①.jpg

また、同じ面でなくても距離が近いと、狭い範囲で空気が循環してしまうため非効率的です。
部屋の全体には新鮮な空気が入らないため、汚れた空気を外に排出できません。

 

【良い例】

良い例◎.jpg

風が吹き込む窓と、その対角線上にある窓を開けることで、部屋全体を風が抜けるので効率的です。
距離が離れているほど効果的です。

 

【窓が1ヵ所しかない場合】

扇風機.jpg

窓がうまく対角で開けられない場合や、1つしか窓がない場合でも換気をすることは可能です。
他の部屋の窓や室内ドアを開け、部屋の空気を流すように努めましょう。

自然に風が起きにくい場合は、窓の近くに扇風機やサーキュレーターなどを設置することで、
部屋の中の汚れた空気を外に排出することができます。

  

4.重力換気を活用しよう!

重力換気.jpg

重力換気とは、建物内で低い位置から高い位置へと空気が移動する性質を利用した換気方法のこと。

温度差換気、煙突換気とも呼ばれます。

「風の弱い日に窓を開けてもあまり換気できない」という悩みを解決してくれます!

上下2か所に窓を設置することで、暖かい空気は上の窓から自動的に排出されて、

下の窓から新鮮な空気を取り入れることができますよ。

窓は横の配置の関係性だけでなく、上下の配置の関係性も意識してみましょう。 

天井の高いリビングや、吹き抜けにも適した換気方法なので、家を建てる時に意識してみてください!

 


以上、冬の寒い日でも効率よく換気をする方法でした!

いかがでしたか?

 

今回ご紹介した窓を開ける換気の方法以外にも、24時間換気システムによる換気もあります。

建築基準法の改正で、住宅に換気設備の設置が義務付けられたため、

2003年7月以降に建てられた家であれば、既に換気システムが備わっているはずです。

寒いからと言ってスイッチをオフにしていると、

せっかくの機能が無駄になってしまうので、常時オンにしておきましょう。

より効率的な換気を行うためにも、まずはご自宅のものをチェックしてみてください!

 

これからもまだまだ寒い日は続きますが、効率良く換気してキレイな空気の中で過ごしましょう。

冬だけでなく夏も上手に換気できれば、冷房費用の節約にもなりますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

24時間換気システムは石狩市バンナグロモデルにも設置されています!

常時オンにしていますが寒いなんてことは感じないと思いますよ!(*^^*)

実際に体感したい方は下記フォームよりご予約ください!

1.png

Skogのいえ事業本部齋藤千央

齋藤千央
Shear
ARCHIVE
AUTHOR