かわいい家のツクリカタ

おうちづくり

2019.02.01

Skogのいえ事業本部成田めぐみ

成田めぐみ

おすすめ!我が家にぴったりのキッチンスタイルの選び方

住宅の中でもこだわりたいのが、「キッチン」。

奥様の城といわれていたキッチンも、今は「男メシ」という言葉があるほど、男性もキッチンに立つことが多くなってきた時代です。そのため住宅を検討される方はキッチンにこだわる人が急増中!
せっかくの家作りで後悔しないために、基本的なキッチンのスタイルやレイアウトを学んで、我が家にぴったりのキッチンを上手に選んでみましょう!


キッチンのスタイル


〈オープン型〉対面キッチン

家族とのコミュニケーションを重視する方におすすめ。リビングダイニングを見渡せるように配置すると、小さなお子様を見守りながら安心してお料理ができます。

190131ownd1.jpg

〈オープン型〉壁付けキッチン

背面にすぐダイニングを設置できるので、配膳などの動線が短く作業しやすい。調理作業に集中することができます。

190131ownd3.jpg

〈セミオープン型〉対面キッチン

キッチンの煩雑な部分を隠しつつ、オープン型キッチンのいい部分も取り入れることができます。

190131ownd4.jpg


キッチンのレイアウト


〈アイランド型〉

キッチンの四方からアプローチできるので大人数での作業を楽しむことができます。ママ会やホームパーティーなどを頻繁に開く方にはおすすめです。

a.jpg

〈I型〉

冷蔵庫、辛苦、コンロが一列に並び、効率的に作業ができます。標準的なキッチンのレイアウトで、人気があります。

b.jpg

〈Ⅱ型〉

設置スペースを最小限にでき、収納や作業スペースを広くすることができます。

c.jpg

〈L字型〉

シンク、コンロ、の距離が近くなり、動線が短く、作業効率が上がります。また、コーナー部分は上手に生かすことが必要ですが、広々とスペースが取れるので、スパイスなども余裕を持っておくことができます。

d.jpg

〈U型〉

収納や作業スペースを多くとることができます。L型同様、コーナーを上手に生かすことが必要です。

e.jpg


ワークトライアングルとは?


ワークトライアングルとは、コンロ、シンク、冷蔵庫の3箇所を結んだ三角形です。3辺の合計は360cm~600cmがベストです。長すぎると無駄な動きが増え、短すぎると収納や作業スペースなどが不足するので、上手にレイアウトをすることが求められます。

f.jpg


190131ownd5.jpg

基本的なキッチンのスタイルやレイアウトを踏まえ、どのようなキッチンにしたいか検討をしてみましょう。家全体の間取りとも関わってくるので、イメージが固まってきたら建築会社と相談しながら検討しましょう。

Skogのいえ事業本部成田めぐみ

成田めぐみ
Shear
CATEGORY
ARCHIVE
AUTHOR