かわいい家のツクリカタ

間取り・インテリア

2020.06.05

Skogのいえ事業本部齋藤千央

齋藤千央

いろいろな動線を意識した理想の玄関づくり!

皆さん、動線という言葉を知っていますか

動線とは、人が移動する経路を示した線のことを言います。

例えば、家事や料理をするときに行き来する「家事動線」や、家族が帰宅したときに日常的に使う「家族動線」、来客時にお客様が通る「来客動線」、子どものしつけを考えた「しつけ動線」などがあります。

では、実際に動線を意識した間取りを作ることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、玄関からの動線を意識して作られた間取りをご紹介します!

 

【家族動線と来客動線を分けるメリット】

玄関は、家族の通る「家族動線」と、お客様の通る「来客動線」に分けて作ると、使いやすい間取りになります。

eee.jpg

この間取りにすることで、家族動線は、シューズクロークで靴を脱いだ後、リビングを通らずにまっすぐパントリーに向かい、買い物した荷物を整理して、キッチンに行くというスムーズな動線ができます。

まっすぐリビングに向かう来客動線と分けることで、それぞれの通る経路がぶつかることなく、スムーズに移動できます!

 

【小さなお子様がいる方必見!しつけ動線の間取り】 

アートボード 1.jpg

子どもは外で遊んで泥だらけになって帰ってくるものです。

この間取りだと、広々とした土間部分があるシューズクロークを設けることで、汚れたものを脱いで上がり、リビングを通らずに洗面室や浴室に行き、汚れをすぐに洗うことができます。

このような動線を「しつけ動線」と呼びます。

 

tana.jpg

さらに、大容量のシューズクロークは、お客様が使う玄関に物があふれることを防ぎ、常に整理整頓された空間を保つことができるというメリットや、

靴以外にも冬物のコートや、ベビーカー、アウトドア用品なども収納できるため、その分物置やクローゼットのスペースを小さくできるというメリットもあります。

 

このように玄関からの動線を意識した間取り作りは、家族はもちろん、お客様にも好印象を与えること間違いなし!

 

今回ご紹介した動線を意識しておうち作りをしてみてくださいね♪

Skogのいえ事業本部齋藤千央

齋藤千央
Shear
ARCHIVE
AUTHOR